「キーワード・カウンセリング」の部屋へようこそ!こんにちは!テツ兄です。「スピリチュアリズム」に、頼りきるのではなく、「キーワード」となる言葉の力で、そっと背中を押してあげるコトができたら・・・そう祈願しております。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
沖縄の、「お母さん」・・・
2008-01-14 Mon 01:47
沖縄の、「お母さん」・・・




沖縄での、出来事。


ある、有名なパワーストーンのお店の開店の時間を

待っていた時のこと・・・


しばらく経ってから、ご年配の女性の方が、

歩いていらして、声をかけてきました。


「並んでいらっしゃるのですか?」


って。


僕は、そんなに急いでる訳でもなかったので、



「いいえ、よろしかったら先にどうぞ!」



って、その女性にお伝えしたら、



「いいんですか? ありがとうございます!」



そうおっしゃって、ニコニコと僕の前に、並んだのでした。

まだ、開店の時間まで少しあったので、

その女性と世間話になりました。



お話を聞いていくうちに、

いろんなコトを感じてきました。


その女性の悩みは、

本土に、就職した息子さんが、

就職して、約3か月たったころに、

心の病になってしまって、今は、沖縄で働いているのだと

いうことでした。



でも、その息子さんは、沖縄でのゆっくりとした暮らしに、

なんだか、満足がいかないようで、

また、都会に戻るそぶりをしているのだそうです・・・


その女性は、


「息子をなんとかしてあげたい!」


そういう、藁をつかむ思いで、

このパワーストーンのお店に来たとのことでした。


なんでも、すがる対象が欲しかったのだと思います。



その女性に、僕が感じるままのお話をさせていただきました。


「息子さんを縛らない」


「子供は、自分自身のかわりではない」


「本当の意味で、子離れすることが大切」


などなど・・・・



女性と、お話をしていく中で、降りてきた言葉を

そのままお伝えいたしました。



その方は、


「なんで、そんなコトがわかるんですか?」


って、驚かれていたので、

少し、ご説明をさせていただきました。



実はね、そのお子さんの魂はね、

お母さんに、メッセージを伝えているのでした。



「自分の過去を許すように」



・・・って。



お母さんが、自分自身の過去を許していないから、

その理想を、お子さんへ、想いを向けてしまうのです。



そのコトも、おはなしすると。

しばし、黙られて・・・・



「そうなんですね・・・努力してみます・・・」



そう、涙ながらに、お話しなさっていました。



ほんの、数分の交わりでしたけど、


こんな風に、人を助けるお手伝いができるのも、


ありがたいコトです。



それにしても、沖縄・・・

人が熱いですねーーー。

負けないようにしないとねっ”


スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
<<お嬢さんの婚期・・・・ | 「キーワード・カウンセリング」の部屋 | 「なんだか、モヤモヤして・・・」>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 「キーワード・カウンセリング」の部屋 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。