「キーワード・カウンセリング」の部屋へようこそ!こんにちは!テツ兄です。「スピリチュアリズム」に、頼りきるのではなく、「キーワード」となる言葉の力で、そっと背中を押してあげるコトができたら・・・そう祈願しております。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
何故に、更新ができないかというと・・・
2008-01-31 Thu 00:34
何故に、更新ができないかというと・・・



こんにちは!
テツ兄です。

このブログ、更新が出来ない時が多いんです・・・

実はね、それには理由があるんです。



「キーワード・カウンセリング」は、

僕の、「声」ではないのです。

ですから、セッションさせていただいた内容のほとんどは、

次の日まで、僕の記憶に残るコトがないのです。



伝わりますでしょうか???



それゆえに、時間が経つと、ほぼ覚えていない為に、

更新することができないのが実状です。

ご容赦いただきますよう、深くこの「場」をお借りいたしまして、

御報告とさせていただきたく思います。



それでは、失礼いたします!

スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
お嬢さんの婚期・・・・
2008-01-18 Fri 21:57
お嬢さんの婚期・・・・




ある、お母様との会話から・・・


「娘が結婚できないでいるんです・・」


そのお母さんは、せつなそうにつぶやきました。


「そうなんですか?」


そう、尋ねると


「全部、私が悪いんです!」


そのお母様は、ご自分を責めておいでのようでした。


いろいろと、お話を伺っていましたら、


「娘の為に、良しとしたことが、今となっては・・・」




どうやら、ある時期に、そのお嬢さんが、


「結婚したい!」


って、行ったいらした時に、

何かの理由で、大反対したそうなのです。



その時に、結婚できなかったから、

今に至っているのではないかと・・・

そのお母様は、思っておいでのようでした。



このことに、関して・・・

お母様のおっしゃっているコトは、

当たってもいるし、

外れてもいます。



お母様は、自分を重ね合わせ過ぎているのでした。



自分自身が、結婚の際に、

お見合いで、嫁いだというコトの現実が、


「私は、自分で決めることができなかった!」


そんな、後悔の念にとらわれていて・・・



だから、お嬢さんが、結婚の相談をしてきた時に、

自分の理想を、重ね合わせてしまってのでした・・・



「私だったら、こんな人とは結婚しない!」


それは、娘を想う・・・・

それ以上に、過去の自分を想い過ぎての発言。

そのコトを後悔しているのです。



でも、

娘さんの、心には、それ以上の傷が残ってしまいました・・・

必然の出来事ですよね・・・



お母様にお伝えしました。

お嬢さんの魂は、自分を引き裂いてでも、

お母様に、学んでほしい! 


そんな「愛」から出てきた出来事。


だから・・・


お母様は、

生涯、お嬢さんから、学びとらなければならないことが

多いはず。


娘であっても、

見えない世界では、

学ばせていただく「存在」


そのコトを、自覚なさって、

自分の想いの強さを、少しゆるくする努力をしてくださいね・・・


そう、お伝えしました。


親子の関係は、

しばし、誤解を生みやすいと思います。



でもね、

お互いに、学ばせてもらうコトが多いはず・・・



近い存在だからこそ、

大切にしなければならないと思うんですよねーーー。


みなさんも、身近な人を大切になさっていますか??



別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
沖縄の、「お母さん」・・・
2008-01-14 Mon 01:47
沖縄の、「お母さん」・・・




沖縄での、出来事。


ある、有名なパワーストーンのお店の開店の時間を

待っていた時のこと・・・


しばらく経ってから、ご年配の女性の方が、

歩いていらして、声をかけてきました。


「並んでいらっしゃるのですか?」


って。


僕は、そんなに急いでる訳でもなかったので、



「いいえ、よろしかったら先にどうぞ!」



って、その女性にお伝えしたら、



「いいんですか? ありがとうございます!」



そうおっしゃって、ニコニコと僕の前に、並んだのでした。

まだ、開店の時間まで少しあったので、

その女性と世間話になりました。



お話を聞いていくうちに、

いろんなコトを感じてきました。


その女性の悩みは、

本土に、就職した息子さんが、

就職して、約3か月たったころに、

心の病になってしまって、今は、沖縄で働いているのだと

いうことでした。



でも、その息子さんは、沖縄でのゆっくりとした暮らしに、

なんだか、満足がいかないようで、

また、都会に戻るそぶりをしているのだそうです・・・


その女性は、


「息子をなんとかしてあげたい!」


そういう、藁をつかむ思いで、

このパワーストーンのお店に来たとのことでした。


なんでも、すがる対象が欲しかったのだと思います。



その女性に、僕が感じるままのお話をさせていただきました。


「息子さんを縛らない」


「子供は、自分自身のかわりではない」


「本当の意味で、子離れすることが大切」


などなど・・・・



女性と、お話をしていく中で、降りてきた言葉を

そのままお伝えいたしました。



その方は、


「なんで、そんなコトがわかるんですか?」


って、驚かれていたので、

少し、ご説明をさせていただきました。



実はね、そのお子さんの魂はね、

お母さんに、メッセージを伝えているのでした。



「自分の過去を許すように」



・・・って。



お母さんが、自分自身の過去を許していないから、

その理想を、お子さんへ、想いを向けてしまうのです。



そのコトも、おはなしすると。

しばし、黙られて・・・・



「そうなんですね・・・努力してみます・・・」



そう、涙ながらに、お話しなさっていました。



ほんの、数分の交わりでしたけど、


こんな風に、人を助けるお手伝いができるのも、


ありがたいコトです。



それにしても、沖縄・・・

人が熱いですねーーー。

負けないようにしないとねっ”


別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
| 「キーワード・カウンセリング」の部屋 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。